content-top-img

IAEAの「福島第一原発事故報告書」に関する公開質問状

2016年03月11日
csij 【203. 市民研通信】

市民科学研究室・低線量被曝研究会のメンバーが、IAEA(国際原子力機関)が2015年に発刊した『福島第一原発事故 The Fukushima Daiichi Accident』という報告書の内容を検討し、16項目にわたる質問状を作成し、IAEAに送りました。

その日本語英語併記の文書と、英語の文章の両方をここに掲載しておきます。

IAEAから返事をいただき次第、その文章をここで公開する予定です。

An Open Letter to IAEA (英語) :
Open letter to IAEA from CSIJ (English).pdf
  

IAEAへの公開質問状 (英語・日本語併記):
Open letter to IAEA from CSIJ (English+Japanese).pdf


***********************************

An Open Letter To IAEA
(IAEAに対する公開質問状)

Dear Secretary General Amano,

We are members of Exposure to Low Level of Radiation Research Group which belongs to Citizen Science Initiative Japan (CSIJ), a non-profit organization working on issues concerning science and society. We are interested in major consequences of exposure to radiation and the effects on health that have arisen from the March 2011 Fukushima Daiichi accident.

私たちは日本のNPOで科学と社会に関する多くの問題に取り組んでいる市民科学研究室の低線量被曝研究会のメンバーです。2011年3月の福島第一原発事故によって起こった放射線と健康影響に関心を持っています。

Last August the IAEA released the Director General's Report on the Fukushima Daiichi Accident along with five technical volumes.We would like ask you the following 16 questions concerning mainly the radiological consequences elaborated in the IAEA Director General's Report.

IAEAは今年8月に福島第一原発事故に関する事務局長報告書を5つの技術文書とともに出しました。私たちは事務局長報告書における内容、特に放射線の影響について次の16の質問をしたいと考えます。

【続きは上記PDFでお読みください】


***************************

月別 アーカイブ

content-btm-img