content-top-img

【翻訳】 大気汚染と出生体重

2015年12月16日
csij 【203. 市民研通信】

大気汚染と出生体重
―重大な影響を持つ曝露期間となる得ることについての新しい手がかり―

ナンシー・アヴェレット(Nancy Averett)

『環境健康展望』(Environmental Health Perspectives) 123巻9号(2015年9月)より
翻訳: 五島廉輔(NPO法人市民科学研究室)

原題:Nancy Averett
"Air Pollution and Birth Weight: New Clues about a Potential Critical Window of Exposure"
Environmental Health Perspectives VOLUME 123  ISSUE 9 SEPTEMBER 2015

著者について:Nancy Averettはオハイオ州シンシナティ在住で、科学や環境について執筆し、Pacific Standard, Audubon, Discover, E/Environmental Magazineに公表している。また、他の分野の種々の刊行物もある。

pdfはこちらから→csijnewsletter_033_201512_gotou.pdf
原文pdfはこちらから→ehp.123-A242.alt.pdf


 研究者たちは以前から妊娠中の大気汚染暴露と出生体重の減少との関連について報告してきた。しかしながら、ある特定の場所における短時間での大気汚染物濃度の変動は、山火事やその他季節的に影響される大気汚染のような原因以外は通常非常にわずかなものである。それ故に胎児が特に大気汚染の影響を受けやすい妊娠期間中の期間を正確に指摘することは困難であった。

 EHP(Environmental Health Perspectives)に掲載されたこの論文では、研究者らはユニークな機会―すなわち2008年夏の北京オリンピックとパラリンピックの開催期間47日間における一時的な大気汚染の減少―をとらえて、出生体重に関する結果を報告している。

 北京は典型的な世界で大気汚染の程度が最も高い地域であり、中国はオリンピックを主催する条件として、その期間中、その地域で大気汚染を減らすことが求められた。一時的な厳しい排出基準を実施し、近くの工場からの汚染物質の排出を止めた結果、2008年6月から10月までの測定値はオリンピック前と比べて18~59%減少した。しかし、オリンピックが終わると大気汚染は再び高まり始めた。

 彼らの最近の研究では2種類の月毎分析を行っている。37~41週での出産と妊娠年齢に対し大きくも小さくもない乳児の出産について調査した。

【続きは上記PDFでお読みください】

月別 アーカイブ

content-btm-img