content-top-img

記事紹介:解明された電磁不耐症(過敏症)

2012年02月02日
csij 【101. 環境電磁界】

次の記事を紹介いたします。原文は、EMFacts Consultancyという電磁波問題に関するブログに2012年1月17日に掲載された、
Electromagnetic intolerance elucidated
という記事です。 

【要約紹介:森川浩司】

***************************

解明された電磁不耐症(過敏症)

世界保健機関(WHO)は2005年に電磁波過敏症は心の問題だと断定した。

しかしフランスのがん専門医Belpomme博士(フランスがん治療研究協会会長)らの最近の研究によれば「電磁波過敏症は心の問題ではないとはっきりと言える」。「例えば、電磁波によって脳の中の血液に対する障壁が開かれてしまい、その結果、水銀、有機塩素物などの汚染物質が脳内に入ってきて神経変性病を引き起こすのです」。Belpomme博士らの研究チームは既に450人の患者を診てきており、患者は1週間当たり20人ずつ増える勢いだと言う。「これは重大な公衆衛生上の問題です」。

電磁波過敏症とは、電磁波に対する軽度の暴露において体が過度に反応する状態のこと。その電磁波源としては、50/60ヘルツの電磁波を発する電源ケーブル(電線)や電子機器に加えて、(電子レンジの周波数を含む)10メガ(1000万)ヘルツから 300ギガ(3000億)ヘルツのワイヤレス機器やアンテナも含まれる。

スウェーデンの皮膚科医で電磁波過敏症に詳しいJohannsonによれば、スウェーデンでは電磁波過敏症は治療対象の病気とはみなされておらず、機能障害のひとつとして扱われている。したがってスウェーデンでは、電磁波過敏症の人は障害を持つ人としての社会的な対応を受けるという。電磁波過敏症の人は神経科を紹介されることも多いが、Belpomme博士ら電磁波過敏症の専門家によれば、対処法はとにかく電磁波の暴露を少なくする、あるいは、なくすことだと言う。

Belpomme博士らは、血液検査と脳内の血流を可視化する特別な脳スキャンによる診断法を開発した。Belpomme博士によれば、電磁波過敏症の人の半数は多種化学物質過敏症であり、電磁波過敏症と多種化学物質過敏症が示す脳の異常は同様のものだと言う。

汚染物質に対する反応は3つに分かれるとBelpomme博士は言う。1つめは不耐症(過敏症)。「人はひとりひとり違うのです。例えば、人口の30%は発がんリスクを抱えているように」。

2つめは遺伝要因などの感受性要因。遺伝要因以外の感受性要因も考えられて「例えば歯のアマルガムが放送電波を拾うアンテナの働きをしたように」とBelpomme博士は言う。

3つめは電磁波過敏症で、症状は2段階で現れると言う。最初は、毎日20分間携帯電話で話をするというように、特定の周波数に対する強度のあるいは慢性の暴露によって耳の中に痛みを感じたり、熱くなっている感じがしたり。その次の段階であらゆる周波数に対して耐えられなくなり、病気が始まるのだと言う。

フランスでは推計で人口の5%が電磁波過敏症だと考えられているが、ワイヤレス技術の広がりにともない、今後はもっと増えると考えられている。「携帯電話の長期にわたる利用で多発性硬化症になった症例が2つあります。乳がんになった症例が3つありますが、そのうちの2つは電磁波への暴露で再発しましたし、もう1例はコンピューターの利用と関係しているようです。がんよりもリスクが高い自閉症やアルツハイマー病の事例証拠もあります。電磁波との因果関係は極めて高いでしょう。」Belpomme博士によれば、投薬治療によって脳の開いた障壁を閉じて電磁波過敏症が緩和したケースもあったという。

世界保健機関(WHO)は2005年に「電磁波過敏症」と題した報告書において「厳密に管理された二重盲検法によって、症例は電磁波とは相関は認められなかった。... 症状は確かにあるが人によってバラバラで... 医学上の病気とは言えない」と述べた。加えて医者の言葉を引用し、電磁波過敏症を訴える人に必要なのは電磁波の暴露を減らすことではなく、家や職場の環境の何が症状と関係しているのかを突き止めることだとした。

これに対してBelpomme博士は「ばかげている。科学の進歩とは何の関係もない、ただの政治の話だ。WHOはそのうち報告を訂正することになるだろう」と言い、「電磁波への暴露と白血病との因果関係は疑いようが無い。数々のインビトロ試験や動物実験で確かめられている」と反論している。

トレント大学の研究者Havasによれば、電磁波過敏症に否定的な結論を出している研究はバイアスがかかっていると言う。「そういった研究者は、電磁波に対する反応は即座に現れると思っていますが、時間差はしばしばあるのです。人間はパチパチとオンオフするスイッチではありません。否定的な研究では、何も感じなければ害は何もないと言わんばかりです。砒素・鉛・DDT・アスベストは味はしませんが、有毒ですよね。」■

月別 アーカイブ

content-btm-img