content-top-img

カテゴリ「105. 低線量被曝」記事一覧

毒性学からみた放射線の人体影響

csij 【203. 市民研通信】 (2016年03月11日)

IAEAの「福島第一原発事故報告書」に関する公開質問状

csij 【203. 市民研通信】 (2016年03月11日)

市民科学談話会・記録 「放射線リスク言説を検討する」

csij 【203. 市民研通信】 (2016年03月11日)

4年目のごはんのはなし

csij 【203. 市民研通信】 (2014年08月30日)

漫画「美味しんぼ」騒動が示す低線量被曝の課題

csij 【203. 市民研通信】 (2014年08月30日)

原発避難と生活再建を考える

csij 【203. 市民研通信】 (2014年07月02日)

【翻訳】ウクライナからのUNSCEAR報告書批判

csij 【203. 市民研通信】 (2014年02月27日)

文献紹介と解説 「チェルノブイリ 今も続く惨事」

csij 【203. 市民研通信】 (2014年01月21日)

【翻訳】 報告書「チェルノブイリ 今も続く惨事」(国際連合)

csij 【203. 市民研通信】 (2014年01月21日)

講演記録 「放射能」子どもにどう伝える?

csij 【203. 市民研通信】 (2013年09月18日)

ARCH(チェルノブイリ健康研究アジェンダ)について

csij 【203. 市民研通信】 (2013年09月18日)

UNSCEARチェルノブイリ報告に対するベラルーシからの批判

csij 【203. 市民研通信】 (2013年09月18日)

【巻頭言】情報公開によって見えること、にとどまらず

csij 【203. 市民研通信】 (2013年07月23日)

食品放射能汚染計測データ(2011-2012)を分析する(その1)

csij 【203. 市民研通信】 (2013年07月23日)

チェルノブイリ事故の健康影響: 15年のフォローアップスタディの結果

csij 【203. 市民研通信】 (2013年06月10日)

ウクライナ政府報告書の第3章と第4章の日本語訳

csij 【105. 低線量被曝】 (2013年03月26日)

【巻頭言】 福島の国際会議からみえること

csij 【105. 低線量被曝】 (2013年03月06日)

放射線教育原論

csij 【019. 科学教育・科学コミュニケーション】 (2013年03月04日)

放射線教育をめぐる諸問題

csij 【019. 科学教育・科学コミュニケーション】 (2013年03月04日)

学校は「市民」を育ててきたか

csij 【019. 科学教育・科学コミュニケーション】 (2013年03月04日)

講演資料 チェルノブイリ事故から26年(S.バーレヴァ)

csij 【105. 低線量被曝】 (2013年03月04日)

ベラルーシで実際に使用されている放射線教育用教科書について

csij 【105. 低線量被曝】 (2012年12月21日)

シンポジウム 福島原発で何が起きたか ―安全神話の崩壊― 報告

csij 【105. 低線量被曝】 (2012年12月21日)

巻頭言 放射線健康リスク問題:市民研の取り組みから

csij 【105. 低線量被曝】 (2012年10月26日)

「なま東大」で行われた脱原発シンポジウムに参加して

csij 【002. エネルギー】 (2012年10月02日)

連続勉強会第3回「今中哲二さんを囲んで共に考える」まとめ

csij 【105. 低線量被曝】 (2012年08月07日)

巻頭言 福島のコメ農家を訪ねて

csij 【003. 食・農林水産】 (2012年06月15日)

資料 「市民のための放射線防護を考える・連続勉強会」1&2

csij 【105. 低線量被曝】 (2012年06月14日)

低線量被曝問題はなぜ混乱が続くのか

csij 【105. 低線量被曝】 (2012年03月30日)

食品放射能汚染計測の合理化・適正化に関する研究を開始

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年12月05日)

放射線教育・リテラシーはこれでよいのか

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年12月05日)

ウクライナ・ナショナル・レポート【抜粋訳・その1】

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年12月05日)

福島県民健康管理調査は何のため?

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年09月29日)

海外専門家のパブコメ:食品安全委の放射能健康影響評価案

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年09月27日)

子どもたちを放射能から守るためのガイドライン原案

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年09月25日)

放射能と食を考える

csij 【003. 食・農林水産】 (2011年07月13日)

県民健康管理調査に関する要望書

csij 【105. 低線量被曝】 (2011年07月09日)

初期原爆調査を再検証  一部資料のアップについて

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年07月27日)

日米合同原爆調査関連年表 ver1.1 (2010年8月8日現在)

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年07月26日)

1945年当時の米軍原爆調査団に関する3つのファイル ~GHQ/SCAP資料より~

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年07月25日)

市民科学史家・笹本征男さんを偲ぶ

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年06月20日)

笹本征男さんとの出会いと原爆調査

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年06月20日)

笹本さんの握手

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年06月20日)

笹本さんの思いを引き継いでいきたい

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年06月20日)

笹本氏の仕事の衝撃

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年06月10日)

笹本征男さんの思い出~思い出を思い出としてしか語り得ぬもどかしさ

csij 【105. 低線量被曝】 (2010年06月01日)

長崎原爆 投下の経過を再構成する

csij 【105. 低線量被曝】 (2009年11月06日)

長崎原爆調査 予備調査旅行 

csij 【105. 低線量被曝】 (2009年08月05日)

原爆調査の歴史を問う ~広島・長崎の原爆調査関係地訪問記 その2~

csij 【105. 低線量被曝】 (2009年08月04日)

原爆調査の歴史を問う ~広島・長崎の原爆調査関係地訪問記 その1~

csij 【105. 低線量被曝】 (2009年07月04日)

書評 『原子力開発の光と影 核開発者からの証言』

csij 【002. エネルギー】 (2008年08月18日)

書評 『「核」論 鉄腕アトムと原発事故の間』

csij 【002. エネルギー】 (2008年08月18日)

書評 『核拡散』

csij 【002. エネルギー】 (2008年08月18日)

書評 『チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌』

csij 【105. 低線量被曝】 (2007年10月30日)

【書評】 原発崩壊

csij 【002. エネルギー】 (2007年09月30日)

BEIR Ⅶ報告書 【翻訳】 行政・専門家向けの概要

csij 【105. 低線量被曝】 (2006年07月13日)

BEIRⅦ報告書 【翻訳】 一般向けの概要

csij 【105. 低線量被曝】 (2006年07月12日)

放射線量を表す単位

csij 【105. 低線量被曝】 (2006年07月11日)

BEIR VII 報告 【翻訳】 無料の概要

csij 【105. 低線量被曝】 (2006年07月10日)

低線量放射線被曝リスクをめぐる最近の動向──BEIR VII 報告を中心として

csij 【105. 低線量被曝】 (2006年07月05日)

インタビューシリーズ「市民の科学をひらく」(5) 笹本征男さん(下)

csij 【105. 低線量被曝】 (2005年12月01日)

インタビューシリーズ「市民の科学をひらく」(5) 笹本征男さん(上)

csij 【105. 低線量被曝】 (2005年11月01日)

低線量放射線被曝のリスクを見直す

csij 【105. 低線量被曝】 (2005年03月05日)

書評 『現地ルポ 核超大国を歩く アメリカ、ロシア、旧ソ連』

csij 【105. 低線量被曝】 (2003年09月30日)

書評 『あの日、東海村でなにが起こったか ルポJCO臨界事故』

csij 【002. エネルギー】 (2001年09月30日)

笹本さんの講演ビデオを見て

csij 【105. 低線量被曝】 (1999年11月10日)

『米軍占領下の原爆調査』以後今後の研究を構想する

csij 【105. 低線量被曝】 (1999年11月10日)

月別 アーカイブ

content-btm-img